塗装リフォーム工事 ご紹介

ビフォア

アフター


外壁と屋根は風雨から住宅を守ります。また、住宅のイメージになります。直射日光や風雨にさらされるため、経年劣化していきます。定期的なリフォームが住宅寿命を長くするために必要です。最も一般的なリフォーム方法は、塗装です。

※劣化状況によっては、塗装できない場合もあります。その際は、屋根の葺き替えや外壁の張り替えを検討する必要があります。

塗装工事の流れ

1.洗浄

高圧洗浄機で汚れやコケを洗い流します。汚れがついていると塗装してもすぐに塗装がはがれてしまいます。

また、犬走りや駐車場などのコンクリート部分も可能な範囲で一緒に洗浄しします


2.乾燥

乾燥していない状態で塗装すると塗装にムラがでたり、接着が悪くなるので、乾燥させる必要があります


3.補修

細かい亀裂などを補修します。鉄部などがサビで腐食してしまっている場合などは、交換する必要があります


4.養生

塗装しない部分に塗料がつかないようにマスキングテープやビニール等でカバーします。場所によっては、隣家や車に塗料を飛ばさないように養生する場合があります。


5.下塗り

塗装をうまく接着させるためにシーラーという下塗り材を塗装する場合があります。また、鉄部などには錆止め塗料を塗装します


6.上塗り

仕上げの塗装です。一般的には2回塗ることで塗膜を厚くし、色ムラが無いようにします


※シーリング工事

外壁がサイディング材等の場合は、シーリングの打替え工事を行います


・洗浄

・下塗り

・塗装