工事実例

板金工事


庇張替工事

解体前 経年劣化により、板金端部が腐食しており、台風で板金部分がはがれた状態です

下地交換 劣化している部分の木下地を新しい木材(注入材)に交換

板金庇 ガルバリウム鋼板の縦ハゼ葺きを施工



庇張替工事

工事前 板金の端部が錆びて腐食した状態です

工事後 板金(ガルバリウム鋼板)の張替を実施



棟板金交換工事

工事前 棟板金が錆びており、塗装では対応できない状態です

板金解体後 下地の木材が劣化しており交換する必要あります

棟下地木交換 木下地(注入材)を新たに施工

 

棟板金交換 棟板金(ガルバリム鋼板)を施工

 



雨樋交換工事

交換前 雨樋が劣化して、勾配がうまく取れておらず、雨水の流れが悪い状況です

交換後 雨樋を交換、吊り金具も錆にくいステンレス製のものに交換

 



屋根工事

屋根葺替工事

(セメント瓦→瓦棒)

工事前 セメント瓦が古くなっており、部分的に雨漏りがある状況でした。

工事後 下地を補強した上で、瓦棒(ガルバリウム鋼板)に葺き替え

 屋根を軽量化することで、地震時の不安を減少することが可能



屋根葺替工事

(コロニアル部分葺替)

工事前 屋根の一部分が雨漏りしており、雨漏りしている面のみコロニアルの部分的な葺き替えをする必要がある状況でした

工事後 雨漏りで腐食した部分の下地を補修し、防水シートを張り替えた上で、コロニアルを施工



折板葺替工事

工事前 屋根が錆びており、屋根を固定している金具(タイトフレーム)が部分的に錆びており、塗装では対応できない状況でした

工事後 屋根の固定金具(タイトフレーム)を交換し、折板屋根を葺き替え



塗装工事

屋根塗装工事

工事前 屋根表面の塗装が劣化した状態でした。高圧洗浄で汚れを流し、乾燥後、下塗り材(シーラー)を塗布

工事後 弱溶剤シリコン塗料を2回塗布



外壁塗装工事

工事前 外壁がチョーキング(白い粉をふいている状態)している状況でした。高圧洗浄で汚れを流します。

工事後 乾燥後、下塗り材(シーラー)を塗布。水性弾性シリコン塗料を2回塗布



水回り工事

トイレ工事

工事前 和式トイレのため、高齢の方の利用が困難でした

工事後 既存のトイレを解体し様式トイレを設置

高齢者対策として、両袖に手すりを設置



浴槽交換工事

工事前 浴槽が経年劣化している状態です。また、床タイルが冷たい状況でした。

工事前 窓の格子が縦格子のため、周囲の目線や防犯などが気になります

工事後 浴槽を交換し、手すりを設置

床タイルを冷たくなりにくいタイルに交換

工事後 可動式ルーバータイプの格子に変更することにより、周囲の目線が気になりません



その他工事

ウッドデッキ工事

工事前 既存のウッドデッキが劣化で腐食し危険な状況でした

工事中 既存のウッドデッキを撤去し、整地した上で、束石を設置

工事後 ウッドプラスチックのデッキ材を採用することで、耐腐食性が向上

工事後 ウッドデッキに手すり格子を設置



バリアフリー工事

工事前 靴を履く際に椅子などを利用するため、玄関が手狭になっている状況でした

工事中 玄関から家に上がる際、壁に手をかけながら上がる状況でした

工事後 壁据付タイプの折りたたみ式の椅子を設置

工事後 手すりを設置することで、玄関の昇降が安全に