屋根リフォーム工事 ご紹介

ビフォア

アフター


屋根が劣化して色あせ、浮き、割れなどが出てきたらリフォームの検討が必要です。雨漏れが起こる前にリフォームすることで、内部への被害がないため、リフォーム費用を抑えることができます。

1.解体工事

既存の瓦を下ろします

瓦がない状態で、雨が降ると家の中を濡らす可能性がありますので、天候を考慮した上で、解体工事の日程は、決定します。

2.下地工事

家の構造に応じた下地作りをします。また、既存の下地部分で補強が必要な場合は、補強を行います。

雨が降っても問題ないように、防水シートを施工します。

家の規模にもよりますが、解体→下地→防水シート施工までを1日で終わらせるようにしております。(急な天候不良でも問題ないように)

3.屋根葺工事

屋根葺き材は、お客様の要望、家の構造に応じて様々な提案が可能です。

ご予算・外観イメージなどお見積りまでにお打ち合わせさせていただきます。